Ouroboros Garden

第一夜 – 開戦初日(2009.10.05)

time 2016/08/24

第一夜 – 開戦初日(2009.10.05)
第一夜 – 開戦初日(2009.10.05)
そんなわけで「DRIVE To 2010 」いよいよ開戦で御座います。

溜まった仕事が全然片付いてなかったりとか、半ば徹夜状態で意識が
朦朧としていたりとか色々と疲弊した状況での参戦と相成りましたが
もう全然平気。ノープロブレム。なんせこの10年待ちに待ったライブ
Deathからね。死して屍拾う者無し。ソウデスゲンキデスアリガトウ。

と、いうわけで本日の出演陣

■ メインステージ
・コクシネル
・相対性理論

■ サブステージ
・コンクリーツ
・その名はスペィド
・キノコホテル

自分にとっての本日のメインディッシュはやはり「相対性理論」ですね。
コクシネルもかなり年季が入ってるバンドでイイ味出してたんですけど。


何もかも素晴らし過ぎてヨダレ出そうになりました。やっぱ確信犯だよな
彼ら。過去の模倣でもオマージュでもなく完全に独自のモノを提示しつつ
全体的な空気感はどこまでも「ニューウェイヴ的」というこの異常事態。
実は絶滅していなかった恐竜がこっそり地道に進化を続けていて、ついに
ヒューマノイド形態を獲得しました的な、2009年における現在進行形の
ニューウェイヴ(の、ような何か)。そりゃアンタ、もう自分みたいな
「困った3、40代」は食いつきますって。しかも楽曲自体がキャッチー
なのでフツーに音楽好きな若い世代もガンガン取り込んでいけるという
トリックスターっぷり。どれだけ計算高いんだおまいら!

ライブ終了後、手前に居た若い兄ちゃんがしきりに「楽器が上手い」と
褒めちぎっていましたが、その点のみでこのバンドを聴くのはちょいと
もったいない気がするぜボーイ? とか思ったりして。まあ、他人様の
楽しみ方をとやかく言うつもりも無いんですが。

ちなみにやくしまるさんの声はCDそのまんまでした。ビバロリボイス。
あと「LOVEずっきゅん」は演ってくれませんでした。「スマトラ」も。
聴きたきゃワンマンに来いと。どんだけ計算高(略)


■ 本日の拾い物のコーナー

相対性理論が終わった後、チラホラ帰る人達が出始めたあたりで演奏を
開始したのが彼ら「キノコホテル」。名前だけは知っていたものの実際
聴くのも見るのも初めてだったのですが、「イロモノ」かと思いきや、
どうしてこうしてこれがまたかなりイイわけですよ。なんせ演奏始めた
瞬間に帰る人の波がパッタリ止まったし。何というか自分の琴線にガッ
とキましたね。てかマリアンヌ東雲(vo)カッコ良すぎです。惚れた。


イベント全体的には相対性理論人気のおかげか何だか物凄い客入りで、
しかも大半が若い客層だったのはちょっとビックリでした。ちなみに
明日は「大友良英×山本精一」なのでオサーンばかりかと思われます。
タバコでも吸いつつ後ろの方でゆるりと見れそうなので安心ですね。

まだまだ先は長いことだし、体力を温存しながら走らねばな。

とりあえず明日も頑張りまーす!(あれ仕事は?)


コメント

2009年10月06日
遅ればせながら相対性理論を聴き始めてはや半年くらい。
良いですよね。ボサノバですかね。いや、よくわからない。
いまだにボーカルの顔も知らないんですが、あんまり知らないほうが
アイドルなんで良いんですが。時間の問題だ。嫌だな。今くらいの
売れ方キープして欲しい。 男のソロコーラスはちょっと邪魔なような気も。
がんばれ~!

maru 2009年10月07日
何だかよく解らない、良いのか悪いのか判断がつかない、という
時期を経由して、いつの間にやら何度も繰り返し聴き返している
自分を発見した時にはもはや全てが手遅れだったので御座居ます。

中毒性高いですよねえ。ヘンな電波が混ざってるんじゃないか。

2009年10月10日
もうずいぶん前になりますがNHKの爆笑問題の番組に坂本龍一が出演
し、私が惹かれた音楽を紹介というかたちで曲を紹介しながらトーク
するという番組だったんですが、ジョンケージ等の現代音楽に混じって
「相対性理論」かけてましたよ。「テレ東」ね。コメント控えめでしたが
どう感じてるのか聞きたいところ。
 それにしてもキャッチーすぎだよね。
完全に中毒者続出になりますよ、このメロ。
「ラブずっきゅん」は職場にて実証済みです(笑)

maru 2009年10月12日
さすが坂本龍一。でもジョン・ケージと並列というのは凄いですね!
しかし坂本さんをはじめ、細野晴臣に鈴木慶一に巻上公一と物凄い
(偏った)方々に妙に好かれつつ、所謂「普通の若い子」に大人気
というのも何だか面白い現象な気がします。何というか「口当たり
の良さからグイグイ飲んじゃえるのだけど、実は度数が半端無く
高いお酒」みたいなバンドですよね。気がついたら既に中毒(笑)

職場の方々の将来は大丈夫なんでしょうか?(笑)

down

コメントする




CAPTCHA


PROFILE

Daisuke Nakamaru

Daisuke Nakamaru

映画と書物とマンガと音楽を盲愛する何だか物凄くダメな感じの40代。特技は現実逃避、趣味は被害妄想。将来の夢は町の小さなお花屋さん。裏返ったペシミストなのでキレイゴトが好きです。 [詳細]

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー